[ PRODUCT-HISTRY-003 ]
■ボルト-アンヘルver2.0設計図■
(2005年7月13日)
 
図と文:まきの・たろう
2005/07/13

 

[ 解  説 ]

●ver2.0は、ver1シリーズと股関節の形式が大きく異なっています。
 
●ver1のパンツ型も良いのですが、ver2はシャープさを出す形を模索したりしました。
 
●(可動範囲はちょっと減ったかも・・・(^_^;)。
 
●その他の全高や大きさなどは、あまり変わっていませんが、ちょっと全体的にボリュームアップしています。
 
●前腕は設計図と違って、WF05夏のアピールカット用に描いたイメージ図に準じたものになっています。  
 

●ウィングを取りつけた状態の正面図。
 
●(ウィングは胴体側方に転回しています)
 
●結構大きい。
 
●自立しない。ディスプレイ台を急遽作成することに・・・。  
 

●ウィング各部名称です。
 
●ボディとの接合部はアーム形状の3関節の予定です。
 
●スクエア断面の翼の先にはバーニアがあります。
 
●エルロンもつけようかな・・・(ウソ形状ですが(^^;)。  
 

●ウィングの各部位を最大展開した図です。
 
●カッコイイ角度で決めて遊ぶ。
 
●高機動モード?とか。  
 

●ver2.0の作成に併せて、装備の充実も、というところで・・・。
 
●ハンマーは先の球体のジョイントにいろいろな先端パーツを組み替えて遊べる感じです。
 
●ソードはエクスキューショナーズソードのイメージです。
 
●二本1セットで、断罪の剣・贖罪の剣とか言っていたら、ミヤンクに「そういうの好きッスね」と鼻で笑われました。