「下書きデカール(DRAFT DECALE)」
 
 
@下書きデカールとは?
 
下書きデカールは、まきのが出来るだけ楽に瞳を手描きしたいために編み出されたデカールです。
人形の頭部へ左右対称に瞳を下書きする作業がなかなか大変なので、
その下書きを、デカールで貼ってしまうというものです。
貼付したデカールの上へ主にリキテックスで着色して完成です。
 
ところが・・・・・・
実は、下書きデカールは「D問題点など」で記述していますが、
その着色に問題があると思われ、使用方法が未完成なのです。
 
//下書きデカール見本//


※画像は普通紙に印刷したイメージのものです。
実際には背景は台紙の色(水色)になります。

 

下書きデカール使用例・1
下書きデカール使用例・2

 

A利点?
 
瞳デカールのように完成形を作らない理由は、あくまで手書き感を出したいだけという理由からです。
深い意味はありません。手作業で着色すると、そのときの気分によって多少塗り方などに
変化がつけられるのでこの方法は、誘惑に弱いまきのにはぴったりです。
大量に印刷出来るので、気軽に貼付作業をやり直せるあたりも
TVゲームのセーブになれたまきのにとっては当たり所です。

 

B下書きデカール作成方法
 
どうやって作るかというと、まず片目だけ紙に描いて、スキャナでパソコンに取り込み両目を作成します。
その後ALPS電気のMDシリーズというプリンタで、デカール用紙に印刷して完成です。

 

C下書きデカールの使用方法
 
基本的に普通のデカールと同じ方法で貼りつけます。
次に、完全にデカールが乾いた後、着色します。
二重まぶたや、眉は、デカールではなく、手書きします。
私は下書きしたアウトラインも黒色やこげ茶色で絵取るようにしています
(デカール自体を雑に作っているため線がぼやけているのです)。

 

D問題点など
 
下書きデカールの解決されていない最大の問題点は、着色後デカールにしわができるという点です(写真1)。
どうやら、リキテックスの顔料に原因があるように推測しているのですが、本当の原因は分かっていません。
対処方法として以下のような事柄を試して見ましたが、うまくいってないです。
 
写真1

 

---しわを無くすために試した事柄---  
@デカールを貼った後、トップコートを頭部全体に塗り、リキテックスで着色後もう一度トップコートを塗る。

→効果なし。デカールの糊がにじみ出たときに、シンナーで拭こうとすると、トップコートも同時に拭き取ってしまい、
その部分だけ肌色が変わってしまうため大変なことになります。
私は#800〜#2000番のサンドペーパーで磨いて元通りに修正しましたが、
状態によってこの方法は有効でない可能性があると思っています。

 

しわができないように下書きデカールを使うために、以下のような方法を試す予定です。
 
結果は、順次このコーナーにUPする予定です。
@下書きデカールを貼った後、1週間以上乾かした後、トップコートを塗り、着色する。
AVOLKSの瞳きれいセットを使って下書きデカールを貼った後、1週間以上乾かした後、トップコートを塗らずに着色する。→結果