■代行者〜茨の囲いで護る者たち〜■
 
 
 

●代行者(Agent/theRevers)●

 代行者は、観察者によってその才能を見出され、スカウトされた人物が、ジェムクロスと契約することによって成立する。
 
 契約した時点で、その人物の持っていた才能がすべて100%開花する(ただしその人の努力なしのそれなりの感じでだが)。
 例えば、絵画の才能があればダビンチまでとはいかないまでも、生活できる程度には見た人の心を打つことができ、 運動能力などであれば、オリンピック級の能力になるだろう。
 
 代行者になれるDNAを持つ人類は、時期によって異なるが、一万人〜十万人に一人の割合で存在し、 その中から適当と思われる人物を担当の観察者が直接スカウトするのである。スカウトを拒否した場合、 観察者と接触した記憶はジェミニリブラによって抹消される。
 
 代行者となった人物は、体内に契約したジェムクロスのアストラル体(霊体)マトリクスを内包し、 望むままにエージェントにリバース(変身)出きるが、ジェミニリブラの任務でない場合は、 訓練度合いや慣れによるが、3分から30分程度である。
 
 ジェミニリブラの指令でリバースした場合、任務中の変身時間に制限はなく、何らかの方法でリブラからのエネルギー供給が 遮断されない限り、変身が解除されることはない。ただし、リブラからの指令は、それがどのような内容であっても、 まずほとんど絶対的命令であり、全く本人の自由はないのではあるが……。
 
 エージェントに変身した代行者は通常の10倍〜50倍の身体的能力を発揮することができ、 契約しているジェムクロスそれぞれに特定の特殊技能・能力や、武器がある。それら装備品は携行した状態で変身を完了する。
 
 この武器や、特殊能力は、その時代時代のジェムクロスと契約している代行者によって微妙に細部が異なり、 それに合わせてマトリクスの情報も微妙に変化する。
 
 また、代行者本人の努力や訓練、特定の条件などで、武器や能力が進化したり退化したりすることもある。