■ラフスケッチ・シノブ01■
代行者・シノブ
 
 

 
 アリティアの母親、寺田シノブが観察者ではなく、代行者だった時代の任務遂行中をイメージしたラフスケッチです。
 このポーズでは分かりにくいですが、ホノカと同じエージェントスーツを着用しています。
 これは、シノブが観察者に昇華した後に、彼女のジェムクロスに適合する人物であるホノカ(当時高校生)を観察者の能力で見出し、 代行者になるようスカウトしたら、(色々あったあと)ホノカが受け入れた( シノブの持っていたジェムクロスと契約した)ためです。