■作品テーマ■
 
 

●作品テーマ●

 代行者に選ばれた人たちはあくまで普通の人間である以上、普段は「普通」の生活を送っています。
 
 それは、学生、フリーター、学校の先生、会社員などのごく当たり前の生活です。
 
 
 彼女達が、困難に立ち向かいながら受けた指令を解決していく姿を描くのがこの「メード5」なのです。
 
 
 ジェミニ・リブラにとっては「人類を滅亡から救う」ことが最大の目的であり、時に彼女達は自らの道徳に反することも任務として遂行しなければなりません。
 
 そうした苦悩に立ち向かう彼女達の姿もまた「メード5」の見所と思っています。
 
 
 そうした苦難を乗り越え彼女達が手にする報酬は「運命」です。