〔ノート001〕
■ベースフィギュア/格闘ボディ用ヒロイックな鎧■
 
 

 
記述者  まきの たろう
 
DATE 2001/02/28
 
 ベースフィギュア/格闘ボディは、ほとんど市販の服を着せられないため、何かフォローしなければと思い立ち、 自作でレオタードなどを製作した結果、布ものは量産できないという結論に達しました。
 
 そこでキャスト成形品ならばある程度量産できるので、何か作れないかと検討したところ、図のような鎧を作製する計画が出来上がりました。
 
 この鎧のデザインは、アメコミや一部ヒロイックファンタジー作品に出てくる鎧を モチーフにしています。防御効果はありません。
 
>>以下のような方針で製作しようと考えています。
 
 
 A:鎧はキャストで成形する。
 
 B:腰の吊革はハトメで固定する。
 
 C:鎧の形状は、可動を阻害しないようにする。
 
 D:鎧は素体の表面形状に合わせて製作し、革バンド・針金(銅線かエナメル線)・ゴムひも・細紐などで固定する。
 
 E:鎧を着せたとき、鎧ががっちり着せられるようにする。
  外れやすかったり、ずれやすいような状態にならないようにする。
 
 F:鎧を着せても、素体のアウトラインを崩さない(主に膨らまさない)ようにする。
  その方法としては、1.鎧の厚さを薄くする(といっても1mm厚が限度)2.デザインを工夫するなど。
 ベースフィギュア/格闘ボディはウエストが細いので、露出の多いこの鎧を着せた場合、素体のシルエットとして大丈夫か どうか、ちょっと心配です。製作するとしたらこのあたりに何らかの工夫が必要かもしれません。