「ベースフィギュア/格闘ボディの特徴(たぶん)」
 
 
ベースフィギュア/格闘ボディには、以下のような特徴が期待できます。

 

@針金を利用した首の可動
 
首の長さを、ある程度伸ばしたりも出来ます。
首を曲げるコツは、一度首を伸ばしてから、そーっと曲げていくことです。
その後、縮むところまで押し込みます。
首の可動は、出来るだけ慎重に行うようにしてください。
 

※写真は一例です。また、首の可動以外は参考にしないでください。

 

A肩が2重関節
 
一応、腕まわりが大きくなっても、ポーズの幅を保つ程度の効果はあるみたいです。
(胸が大きすぎてジャマになります)
それ以外はよくわかりません。
腕の回転軸はこの部分にあります。
 

 

B脚部について
 
脚はビスクドール風の股関節から出発します。脚の回転軸はここと膝にあります。
座りポーズのとき、人間的な「なよっとした感じ」が出ます。
それ以外はよくわかりません。
 

 

C胸〜おなかの関節
 
隠れた2重関節で、回転の中心点を人形本体の外に設定できます。
そのため、自然なポーズが取れるという噂があります(あくまで噂です)。