可動部が緩い場合には?(その1)
 
 
 
 素体の可動部分が緩くなった場合には、セロテープを貼って軸を大きくすると、 効果的にしっかりした関節にすることが出来ます。ただし、あまり大きくしすぎると、 関節がきつくなりすぎて、軸が折れることがありますのでご注意ください。
 
 ややテクニックを要しますが、セロテープを貼るときに瞬間接着剤を使うと、 テープのべたつきを抑え、はがれにくくなります。