可動部の補強について
 
 
 
 ベースフィギュア/格闘ボディなどのガレージキットの材質であるレジンキャストは 通常のプラスチックよりもやわらかいため、関節に無理な可動を加えると 破損しやすい可能性があります。
 
 そのため、各部のジョイントパーツに0.5〜1.5o径の金属線を通して補強すると 折れにくくなります。
 
 ベースフィギュア/格闘ボディでは、肩や腰-腹関節で特に負担がかかるため、補強の効果がでると 思われます。