小さな気泡を目立たなくするには?
 
 
 
 以下の方法は、ベースフィギアなどについて、もとの肌色を活かしつつ、塗装せずに気泡を処理する方法です。
 
@:肌色を調色します。グンゼのMr.カラー111番「キャラクターフレッシュ(1)」をベースに、 同じく112番「キャラクターフレッシュ(2)」と62番「つや消しホワイト」を少量加え、 キットの肌色と同じ色を作ります。
 
 完全にキットの肌色と同じ色を作ることが困難な場合は、成形色と比べて、 濃いよりも少しうすい(白味が強い)肌色を作ります。濃い肌色を使用するより、 うすい肌色ので気泡を埋めたほうが、目立たないようです。
 
 
A:@で調色した色を瞬間接着剤と混合し、気泡の穴にすりこみます。
 作業には爪楊枝など、先端のとがった細い針状の棒を使うと作業しやすいと思われます。
 
 ※混合について
 ・塗料に瞬間接着剤が混ざるとすぐに固まるので、1度に混合せず少しずつ作業してください。
 ・使用する瞬間接着剤は、硬化時間に余裕のあるタイプが適しています。
 ・YAIROではWAVE社の「×3G高強度」を使用しています。
 
 
B800番くらいの紙ヤスリで慎重に仕上げます。きれいに埋まってなければもう1度@〜Aの作業を行います。 その後1000番程度の紙やすりで丁寧に磨いて完成です。
 
※瞬間接着剤は、通常硬化すると固くなるのですが、塗料と混合するとあまり固くならないようです。  
 
※このページには近日中に気泡を埋めた画像をUPする予定です。