[ PRODUCT-SUPPORT ]
■Vポンポン-U・腰部パーツ一覧及び解説■
(2006年3月10日)
 
∇腰のパーツ(上側)その1∇

 
●画像の状態は、ランナーから切り出し、320番のサンドペーパーで形を整えた状態です。
 
●形状は、写真の状態で完成ですが、この後400番〜600番〜1000番とサンドペーパーで磨いて仕上げていきます。
 
●塗装はパーツを中性洗剤で洗って表面の油分を取り除いた後、行いますが、ボークスの美白に合わせる場合、クレオスのキャラクターフレッシュ(1)で塗装します。
 
●それ以外のボディの場合、色を混ぜ合わせて調色して塗装する必要があります。
 
●パーツ表面の気泡を埋める場合は、あまったランナーから切り出したキャストの切れ端を瞬間接着剤で埋めこむなどして表面を整えます。
 
 
 
∇腰のパーツ(上側)その2∇

 
●画面が光ってちょっと見にくいかと思いますが(すみません・・・)、その他の角度の写真です。
 
 
 
∇腰のパーツ(下側)∇

 
●VポンポンUは、ボークスのボディに取り付けたとき(完成時)、股関節の部分にかなりの余裕が出ます。
 
●これは、腹部の大きさが大きすぎるため、関節の稼動範囲がかなり大きくなってしまったため、大きくなりすぎた部分をカットしているためです。
 
●製作時、かなり時間を割いて検討したのですが、この問題だけは解決することができず、結果、稼動・関節構造よりも見た目を重視した構造を選択しました
 
 
 
■ウィンドウを閉じる■